ではブラックの方は一切ではニチデン借り入れできないのでしょうか。
現在すでに複数の借り入れがある状況であれば融資を受けることができないかもしれませんし、ましてや現在延滞中であればもちろん融資は受けられません。
(もちろん総量規制に抵触する方は無理です。現在複数から借り入れのある方はこちらの記事も参考にしてください→「消費者金融ニチデンのおまとめローン」)
ただしネット上では情報が一人歩きしてしまっている感はありますが、やはり過去の金融事故歴をわかった上で可決することはあるようです。実際ニチデンでは債務整理をした方や自己破産をした方でも完済していれば、審査対象にしています。
今まで担保商品を重視していたとはいえ、無担保ローンの消費者金融を強化するにあたり、大手の消費者金融と同等のユーザーを確保するのは、はっきり言って無理です。そうなると、どうしても融資可決基準を下げざるをえません。
特に「過払い返還請求」目的の債務整理であれば、客観的に見ても融資可能なユーザーは多くいるでしょう。
最近は他の消費者金融でも債務整理や自己破産経験者を審査対象にしているところが出てきましたが、ニチデンも同様に審査対象としていますので、過去に金融事故歴がある方もニチデンに申し込んでみる価値はあります。
ただし「ブラック」という言葉に明確な定義がある訳ではありません。金融事故歴の内容によっては当然融資を受けられない可能性はあります。特に今現在延滞中の方は、延滞だけは必ず解消してから申し込んでください。
ニチデンには不動産査定のスタッフはいますが、無担保ローン用のオートスコアリングシステムなどはありません。そうすると最終的に可決するか否かはやはり融資担当者の判断次第となります。しかしこの融資担当者の判断というのは、どこの消費者金融でもかなり微妙です。
もちろん企業の方針として(その時期の)可決範囲は明確に決まっている、もしくは経験上スタッフが共有している基準がありますが、それすら「その時期」と書いたのは、やはり企業の業績によって可決率が高くなったり、融資額を増やしたり、絞ったりなど時期によって方針が変わります。さらに担当者個人で言えば、極端な話気分で変わってしまいます。
例えばあなたが最終的な融資判断をするスタッフだとどうでしょう。
以前自分が融資を可決したユーザーが、続けて返済が延滞したり、貸し倒れということになれば、「少し判断が甘かったかな・・・」ということになります。また月末に数字を見たとき、「今月の融資残高これだけ?」ってことになれば、「少し判断が厳しかったかな・・・」となります。
また属性の内容や、信用情報の内容の悪いユーザーからの申し込みが続けば、そのあとに申し込んだユーザーに対しては「これならいいか」と可決しやすくなりますし、優良な属性のユーザーからの申し込みが続けば、信用情報の内容が悪ければ即座に否決もありうる訳です。
ということで、ネット上の口コミの「ブラック OK」というのは鵜呑みにしてはいけませんが、あながち間違いとも言い切れないという曖昧な回答になってしまいます。結論としては、正直に過去の履歴、現在の状況を添えて申し込みをすることです。
融資の可能性があり、確認事項があればニチデン側から連絡があります。
あとは正直に伝えるだけです。
以上から現実には大手以下、中堅以上の融資基準とみてよいようです。



※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融クレジットのニチデン専用の情報サイトです。
ニチデンは近畿圏を中心に営業している老舗業者です。地元密着型営業スタイルで堅実経営の安定した業者です。融資対象地域は限られていますが( 大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県・三重県)、対象地域にお住まい方にはおすすめです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、クレジットのニチデンでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。